ルノルマンカード解説36 十字架の意味と解釈

十字架
十字架
目次

ルノルマンカード十字架の意味

運命や使命、受難を表す「十字架」のカード。

並ぶキーワードはネガティブなものがほとんどですね。

この世に生を受けた瞬間から、私たちは死から逃れることは出来ないように避けることが出来ない苦しみはいくつもあります。

このカードが引かれた時は、あなたに試練が訪れることを暗示しています。

しかし、それは単にアンラッキーなわけではないのです。

先に述べたように人生には避けることが出来ない苦しみが何度も現れます。

それから逃げることも目を背けることも出来ますがなかったことには出来ません。

このカードはあなたに試練に立ち向かうようにメッセージを送ります。

試練を乗り越えることが出来るかどうかはあなた次第なのです。

未来に対する前向きなビジョンを持って、最善の策を練りましょう。

ネガティブカード/No

ルノルマンカード十字架のキーワード

運命、宿命 、使命、重責

連想されるサブキーワード

運命的、重荷、人生、受難、困難、苦闘、試練、忍耐、苦労、不遇、天命、生き様、魂、啓示、高次元、協会、宗教、信仰、聖職者、天職、罪、次元、節度、屈辱、不名誉、悲嘆、心配、懸念、自責の念、後悔、絶望、贖罪、孤独、疲労、病気、礼拝堂、祈り

動詞としてのキーワード

交差する、横切る、試される、 祈る、離散する

ルノルマンカード十字架のコンビネーション

ルノルマンカードは各カードとのコンビネーションで読んでいきます。ここではその一例をご紹介します。

十字架&騎士(1)

不吉な知らせ、逃れられない災難が来る、助けはその道を進む、運命がやってくる

十字架&クローバー(2)

改善の兆し

十字架&船(3)

困難な旅、運命の旅、他者の行為による旅行の中断、海外赴任中での帰国要請

十字架&家(4)

教会、モスク、寺院、運命的な家

十字架&樹木(5)

腰痛、健康上の懸念、自己的、または政治的圧迫による改宗、生命力の衰え

十字架&雲(6)

罪悪感、抑鬱

十字架&ヘビ(7)

コントロールの欠如、負担になる女

十字架&棺(8)

悲しみ、うつ病、精神的な変革

十字架&花束(9)

改善、救済、希望、幸せな運命

十字架&鎌(10)

事故、突然の痛み、未練を断ち切る、受け入れなくてはならない痛み

十字架&鞭(11)

身体的葛藤、避けられない葛藤、懲罰、お仕置き、罪をかぶる、冤罪

十字架&鳥(12)

ハードな会話、カウンセリング

十字架&子供(13)

精神性の高い子供、痛みを伴う出産、洗礼

十字架&キツネ(14)

難しい仕事、中毒

十字架&熊(15)

強力な同盟国、財政負担、寄付

十字架&星(16)

祈り、運命

十字架&コウノトリ(17)

改善、運命に変化が起こる

十字架&犬(18)

カウンセラー、友人からの助け

十字架&塔(19)

宗教的、精神的な中心地、法的負担、政府との問題

十字架&庭園(20)

サポートネットワーク、墓地、運命の会議

十字架&山(21)

孤独、自殺願望

十字架&道(22)

厳しい判断、痛い別れ

十字架&ネズミ(23)

うつ病、神経衰弱、自殺願望

十字架&ハート(24)

心痛、運命的な愛

十字架&指輪(25)

厳しいコミットメント、痛みを伴う関係、自責の念

十字架&本(26)

宗教的な文書、聖書、コーラン、秘密を保つ

十字架&手紙(27)

難しいニュース、悪いニュース、あて先とメッセージ

十字架&紳士(28)

宗教的な男、有罪、落ち込んでいる人

十字架&淑女(29)

精神性が高い女性、痛み、疲れ

十字架&ユリ(30)

性的機能不全、老齢に関連した痛み、後悔、謝罪、懺悔

十字架&太陽(31)

運命に成功、救済

十字架&月(32)

自己犠牲、運命の認識、自分の殻に閉じこもる、自閉、心の迷い、夜逃げ

十字架&鍵(33)

運命、運命に挑むためのヒント

十字架&魚(34)

事前、非営利団体、精神的、宗教的な事業、財政負担

十字架&錨(35)

挑戦的な仕事、後悔、運命が働く、満期、定年

ルノルマンカード十字架のサポートシンボルと意味

リリス

孤立を恐れずに、1人になってよく考える時間を大切にすること。

ルノルマンカード十字架のトランプと意味

クラブの6

自分をいさめる、自戒。謙虚さ。

ルノルマンカード十字架のその他の意味

  • 人物:陰鬱な人、虚弱体質の人、病人、罪人、信心深い人、宗教家
  • 身体:腰
  • タイムフレーム:36と関連する

ルノルマンカード十字架のまとめ

ルノルマンカードの36枚目は十字架です。十字架といえばキリストを思い出しますね。キリストが十字架を背負ったのは全ての苦難を一身に引き受けるためです。ルノルマンカードの十字架はネガティブ要素の塊ともいえます。人生に苦しみは尽きないものですが、このカードが意味する苦しみは周囲のカードで判断します。グランタブローにおいては最初に十字架が現れたときはもう一回引き直すとする方も多くいます。死が避けられぬものであるように人生の中での苦しみも避けることは出来ません。嫌なことって避けようとするほど気になるものです。それをどう捉えて、受け止めるかどうかが重要です。誰だって苦しむのは嫌ですが、人生には苦しみも幸福もどちらも存在しています。どちらを注目して生きていくかで満足度は変わっていくのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「Stella Maris」オーナー。占いとカフェが好きなので混ぜました。占いはタロット(ウェイト、トート)、ルノルマンカードを中心に行います。タロットカードの絵柄に魅せられ、将来はオリジナルのタロットカード(フルデッキ)を創るのが今のところの夢です。このサイトではあなたの「指針」となるような記事やコンテンツを作成していきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる